映画『鬼滅の刃』国内の歴代興行収入5位に。公開24日で『ハリポタ』1作目超える【ランキング一覧】

現在の1位は2001年公開の『千と千尋の神隠し』で308億円。
劇場版「鬼滅の刃」無限列車編

10月16日に公開された映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の勢いが止まらない。

11月9日に発表されたリリースによると、公開24日間の動員数は1537万3943人、興行収入は204億8361万1650円を記録。この数字は、興行通信社の調べによる歴代の興行収入ランキングで、『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年公開)の203億円を超えて5位となった。

同作は公開から10日間で興行収入107億円を超えるなど大ヒットを記録。公開から10日間での興行収入100億円突破は、日本で上映された映画の中で最も速い日数だった。

現在の興行収入ランキング1位は2001年公開の『千と千尋の神隠し』で308億円となっている。

歴代興収ランキング(興行通信社の調べから作成)

1位『千と千尋の神隠し』(2001年・308億円)

2位『タイタニック』(1997年・262億円)

3位『アナと雪の女王』(2014年・255億円)

4位『君の名は。』(2016年・250億円)

5位『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(2020年・204億円)

6位『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年・203億円)

7位『ハウルの動く城』(2004年・196億円)

8位『もののけ姫』(1997年・193億円)

9位『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(2003年・173億円)

10位『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002年・173億円)