キャリア

「この仕事を通して、どうやったら世の中がよくなるか、今の世の中の常識ってどうなんだろうと、ひと呼吸おくことは意識しています」 世の中を新しい視点で見直す方法とは?非密の花火大会を始め、クリエイティブな社会貢献活動に携わる本田守武さんに話を聞いた。
PRESENTED BY Rethink PROJECT
ボクシング競技は大学で引退する意向を語ったが、注目されたのは就職希望先だった。
2022年4月からは、男女ともに育休取得をめぐるルールが大きく変わることになります。
強制帰国を恐れ、一人で双子を出産したベトナム人女性。弁護士は「女性は奴隷的な状況に置かれていた」と技能実習制度の問題点を指摘しています。
プロ野球・西武ライオンズの中継ぎ投手だった野田昇吾さんは、ボートレーサーへの道を歩み始める。まだ果たせていない使命のために。
マーベル・スタジオ制作のドラマ『ロキ』に出演するソフィア・ディ・マルティノー。「こういう小さな(本当は大きな)ことが、私が仕事をしながら、親でもいられることを可能にしている」
医療的ケア児支援法。国や地方自治体が、人工呼吸器やたんの吸引などのケアが日常的に必要な「医療的ケア児」を支援する責務を負うことを定めた初めての法律だ。
「働きがい」とは何か。意外と言葉で説明するのは難しいかもしれない。コンカーの三村真宗社長は「働きがい」には3つのポイントがあるという。
会社などの単位で進められる職域接種。しかし、個人で働くフリーランスや小規模の事業者はその対象外だった。1000人以上希望者がいる地域でフリーランス協会が代表して申請する。
ここ数年の急激な変化の中、採用に成功している会社に共通するのは、「採用の解像度」が高いことだ。
PRESENTED BY Thinkings株式会社
英国の人権団体が世界のアパレル系企業64社を調査。グローバル企業にとって、「ビジネスと人権」は市場競争力の大きな要素となっています。
2018年に官民で設立された「世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター」。経済産業省から出向し、そのリーダーを務めるのが、須賀千鶴さんだ。
【加藤藍子のコレを推したい、第10回】『着飾る恋には理由があって』の真柴くるみには、キラキラしたところもカッコ悪いところも、強いところも弱いところも、色々ある。とにかく色々あり過ぎる私たちそのものなのだ。
「日本企業の生産性低下、残業の震源地は霞ヶ関・永田町だ」。ワーク・ライフバランス社の小室淑恵社長が指摘した。
経営者として大切にしている「多様性」、スタートアップ業界への熱い思いーー。経団連の新副会長に就任する、DeNAの南場智子会長の本音に迫りました。
ポストコロナ時代のメディアで一緒に働きませんか?ハフポスト日本版では、広告系プランナーの募集を行います。皆さまからのご応募お待ちしております。
P&Gジャパン調査で明らかになった「LGBTQと職場」。支援者「アライ」は、差別をなくすために何ができるのか?同社では研修を外部に無償提供するという。
経団連で、女性として初めて副会長に就任する南場智子氏。1999年設立のITベンチャー企業・DeNAから副会長が輩出されたという点でも、経団連の変化の象徴といえる。
GoogleやFacebook、メルカリも導入した研修。社員の多様性を高める大きな意義とは?