中国

宮本雄二・元駐中国大使「歴史決議を出したからには、結果を残さないといけない。毛沢東も鄧小平も結果を出すまで自分でやり切った」
流通総額の合計は5403億元、日本円にして約9兆6000億円だったと発表した。去年の同じ時期と比べ421億元(7493億円)ほど積み増した。
「GMV(流通総額)を遥かに超えたところに価値がある」。背景には、政府の締め付けも?
共産党の最高指導機関が開催する重要会議「六中全会」を11月8日に控える。当局としては、党の権威に傷がつきかねない情報に神経を尖らせているとみられる。
事故直後の動画からは、現場付近とみられる交差点の建物の外壁が崩れ、柱がむき出しになっているのを確認できる。
日本人では、中国の印象が良くないとしたのは90.9%と過去4番目の水準で悪かった。
個人情報などについては「調査した範囲内では、不適切なデータへのアクセスは確認されず、外部への情報漏洩の事実は認められず」と結論づけた
「こんなにも良い社会になった中国を、海外は誤解している」こんな状況が深刻化するかもしれない。
「操縦に問題があった。他社の妨害という説明には十分な根拠はない」と説明している。
「外交と人権」の視点から、岸田内閣の外交政策について考えてみよう。
「高程度の確証」で、WHO報告よりも前に「パンデミックが始まっていたと評価する」と結論づけている。一方で、新型コロナウイルスの起源をめぐる論争に関係はないという。
「行動できるようになった時には体の調子がとても悪く、1キロ2キロ歩いただけで疲れ果ててしまいました」と明かした