中国

「元はハト派だったため、今のところは選挙対策と考えられる。極端な右派路線を走るとは限らない」
中国政府がオーストラリアからの石炭を制限したことが「さらに事態を深刻にしている」とブルームバーグが指摘している。
「ついにこの日が。心に波風が立たないあたり時の流れを感じる」
アリババ日本法人の蔣微筱(じゃん・うぇいしゃお)取締役に、日本でのビジネス展開について聞きました。
アリババ日本法人の蔣微筱(じゃん・うぇいしゃお)取締役をゲストに「アント・フォレスト」を実況してみました。
アリババ日本法人の蔣微筱(じゃん・うぇいしゃお)取締役をゲストに、脱炭素やソーシャルグッドについて聞いていきます。
9月18日は、1931年に満州事変のきっかけとなった柳条湖事件が起きた日で、中国では日本への反感が高まる日とされる
「利益は吐き出すものの消化可能な数字です。金融システムに異常が出るとは思えません」(専門家)
新疆ウイグル自治区などでの強制労働疑惑が持たれ、「でっち上げ」などと強く反発する中国にとっては、再燃しかねない問題だ
「米中対立」(中央公論新社)著者である、東京大学東洋文化研究所の佐橋亮・准教授インタビュー。米中対立を一歩引いて構造的に考え、日本のあり方を考えます。
中国のSNS・ウェイボーが、BTSなど人気アイドルのファンアカウントを一時停止し、規約違反と判断した投稿を削除した。「ファン経済」の規制強化に乗り出した中国政府の方針を受けた動きだ。
複数の関係者によると30日夜までに、全ての店舗を一時休業とするよう、地元政府から通知があったという。
ネットゲームをめぐっては、国営新華社系の経済紙・経済参考報が8月3日、名指しで「精神的アヘン」などと批判する記事を掲載。関連する株価が一時下落した後、該当の表現が削除されたことがあった。
いわゆる「推し(特に応援している芸能人)」のランキングを上げさせるために、ファンを消費行動へ誘導する措置なども禁じた。
蚊による感染症の伝播を防ぐため。育ったオスの蚊は自然界に放たれ、メスと交配する事で不妊を引き起こす効果が期待されるという。