コロナシフト

在宅勤務、時差出勤、ソーシャルディスタンス…。新型コロナウイルスの感染拡大で、私たちのライフスタイルは一変しました。働き方も多様化する中、社内でのコミュニケーションや人材評価に“AI”の力を取り入れるツールが注目を集めています。
”サブ”的に使えるモバイルディスプレイで、在宅勤務の効率アップ。選ぶポイントや、主流モデルは?
ハフコレ編集部
テレビが衰弱し続ける中で、番組が手っ取り早い「いけにえ」を見つけ出そうとする傾向があると非難しました。
給付金の支給遅れ、進まないオンライン授業への反省から、政府のデジタル化を進めることや、家庭環境の変化を受けた男性の育休義務化、などの提案も中間報告には含まれている。
「自分は一生懸命我慢しているのに、周りはラクをしていると勝手に想像し、感情が高ぶっている人が増えているのではないか」
マスクを外す時に便利なマスクケースを5つご紹介します!
ハフコレ編集部
おぎやはぎの小木博明さんが一時休養を報告した言葉に、反響が広がっている。その理由は?コロナ禍の今、「病気と休養」の伝え方を考えたい。
通話は話した内容を少し離れた場所のスマホで再生する、トランシーバー的な機能。密閉空間の会議室などで、声を大きくしなくてもコミュニケーションできるというものになります。
SDGsの達成にもつながる私たちの“利他的”な気持ちとアクションを見つめ直す。
「高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがある」と訴えています。
小泉進次郎環境相は「私のトップダウンを引き出してくれたのは、ボトムアップの情熱」だと職員への感謝を示し、「私としては、どのような立場であっても霞ヶ関のデジタル化、働き方改革を後押ししていきたいと思っています」と語りました。
新型コロナウイルスの感染が急速に拡大していった3月から、緊急事態宣言が解除される5月まで、官僚たちの働き方はどう変化したのだろうか。アンケートには悲痛な声が寄せられている。
新型コロナウイルスに感染した場合に重症化するリスクを減らすのが狙いという。
グーグルのピチャイ氏は、7月には少数の従業員がオフィスに戻ることができるようにする計画を声明していた。
コロナ禍でテレワークが広がるなか、腰痛や肩こりなどを訴える人が増えています。作業を快適に行い、体の不調を防ぐためにはどうすれば良いのか?ポイントをまとめました。
“Go Toキャンペーン“に続いて言及。相変わらず満員電車の通勤風景がおなじみの日本で普及するのか...。
アメリカのマクドナルドは、8月1日からアメリカ国内の店舗で顧客に対してマスクなどの着用を求めることを発表した。
新型コロナウイルス感染拡大により中止となった2020年の「隅田川花火大会」。テレビ東京では、今年も「特別編」として放送する。
同時公開されたメイキングムービーは、学生たちの実際の声をもとに制作されたといい、CMからはうかがえない中高生たちの不安や寂しさ、葛藤や焦燥が浮かぶ。
About コロナシフト
新型コロナで、世界に静かな変化が起きている。買い物、教育、ビジネスのあり方、そして「自宅」の位置づけ。とても辛い状況のなか、次の時代を築こうとするアクションや言葉を追いかけます。