衆院選2021

学費、所得、ジェンダー平等、気候変動……。衆院選を前に、これからの時代を生きる若い世代が抱える不安について、質問をぶつけました。
衆院選を巡り、パタゴニアは「社会構造を大胆かつ公正に変化させようとするリーダーが必要です」と訴えています。
ゲストは全員20代の若者です。U30社外編集委員の能條桃子さんがMCを務めます。
小栗旬さんや橋本環奈さんなどが参加し、衆院選を前に投票を呼びかけた「VOICE PROJECT 投票はあなたの声」はどのように生まれたのか? その裏側を、発起人に聞いた。
政党別の女性比率は?女性候補者の割合の推移は?グラフで見ると、「ジェンダーギャップと政治」をめぐる日本の現在地がわかります。
噴火湾とようら観光協会は「海産物がとてもたくさんとれる、豊かですてきな町だと知ってほしい」とPRしています。
岸田内閣の支持率は41%(前回45%)と下落し、不支持率は26%(同20%)に上昇した。前回同様、「その他・答えない」が3割を超えた。無党派層の支持率は21%(同28%)と低迷している。
この一年半、住まいも仕事も所持金も失った人たちの声に、相談会などで耳を傾けてきた。彼ら彼女らの言葉を要約すると、「餓死か自殺かホームレスか刑務所か」という「最悪の四択」になる。そんな社会は、はっきり言って終わっている。
政党別の内訳は共産4人、自民3人、立憲3人、N党2人、維新1人、やまと1人となっています。
片山さつきさん(自民)、辻元清美さん(立憲)らが登壇。若者世代の質問に直接答えてもらう、政党討論会です。ぜひ、ご視聴ください。