ESG投資

NO YOUTH NO JAPAN 代表理事の能條桃子さんを迎えます。「メディアと取材相手」という関係を超えて、メディアの「中」に入ってもらうことで、“これから世代”の視点をダイレクトにコンテンツに生かしていきます。
大手電力を介さずに、再エネ電力を安定調達へ。大量の電力が使用されるAmazonのデータセンターや物流などの電力を再エネで賄うことになる。
欧州で進む「人権デューデリジェンス」の法制化。自民党は前向きですが、経団連は慎重です。
企業はサプライチェーンの全工程において、人権侵害のリスクをチェックする必要があります。
「2050年脱炭素」に欠かせない太陽光パネルの生産過程で、ウイグル族など少数民族への人権侵害が指摘されている。アメリカは一部輸入禁止措置。国内に拠点を置く日本と中国のメーカー計7社に調達先を聞いた。
多くの企業が、気候危機やジェンダー不平等の是正を目指す施策を次々と打ち出しています。その背景には「ESG投資」など世界的なお金の流れの変化があります。ESG投資を理解するためのキーワードをまとめてみました。
「ビジネスと人権」が重視される時代、低評価だった日本企業は、どんな改善策を打ち出したのでしょうか。
「そんなキレイゴトでビジネスが回るのか?」「働く個人と、投資のマクロトレンドにどんな関係があるのか?」そんなギモンを入り口に話し合います。
英国の人権団体が世界のアパレル系企業64社を調査。グローバル企業にとって、「ビジネスと人権」は市場競争力の大きな要素となっています。
温室効果ガスの削減、取締役への女性登用。そうしたESG施策をおろそかにする企業には、司法や環境団体から厳しい目が向けられています。