ハフライブ

脱炭素の鍵を握る「再生可能エネルギー」。日本の再エネ推進を阻んできた壁とは?8月17日(火)夜9時のハフライブで考えます。
コンビニやファストフードで手に入るメニューを試したり、自宅で簡単な料理をしてみたり…。私の「代替肉体験記」をご紹介します。
スマート・キッチン・サミット、アニマルウェルフェア、フレキシタリアン…。「食とSDGs」にまつわる頻出用語一覧です。
牛肉1kgの生産に約2万リットルの水が必要との試算もある食の環境負荷。じゃあ食べなければいいのか?地球にも人間にも動物にもより良い「食の未来」を考えます。
例題「今まで算数を学んできた中で、実生活において算数の考え方が活かされて感動したり、面白いと感じた出来事について簡潔に説明しなさい」
多くの企業が、気候危機やジェンダー不平等の是正を目指す施策を次々と打ち出しています。その背景には「ESG投資」など世界的なお金の流れの変化があります。ESG投資を理解するためのキーワードをまとめてみました。
「そんなキレイゴトでビジネスが回るのか?」「働く個人と、投資のマクロトレンドにどんな関係があるのか?」そんなギモンを入り口に話し合います。
6月22日(火)19時〜、オンラインイベント「Dream Studio#2」を開催。山里亮太さんや和田彩花さんらも出演し、みなさんと一緒に“インクルーシブ”な社会の実現に向けて話し合います。
PRESENTED BY BRIDGESTONE
経営者として大切にしている「多様性」、スタートアップ業界への熱い思いーー。経団連の新副会長に就任する、DeNAの南場智子会長の本音に迫りました。
SDGs時代、知識や経験をもとに自分なりの意見や考えを問う入試問題が増えてきています。そんな過去問の中から、大人も唸る「良問」を集めてみました。
「教育が変わらないと…」と言ったり聞いたりすることはありませんか?でも、もしかしたら変わるべきなのは「教育」ではなく、「大人」なのかもしれません。
4月22日は、一人ひとりが地球環境について考えるアースデー。映画を通して気候危機について考えませんか?
「今こそ、この国の女性たちに賃金の平等、権利の平等を完全に実現すべき時だ」ーー。映画界の女性差別に力強く、粘り強く声を上げてきた映画スターたち。歴史は動くでしょうか。【心揺さぶるアカデミー賞スピーチ・後編】
同じ映画を作り上げた仲間と一緒に着席することも許されなかったハティ・マクダニエル。ハリウッドは、黒人差別とどう向き合ってきたのでしょうか。【心揺さぶるアカデミー賞スピーチ・前編】
『淵に立つ』『よこがお』の深田晃司監督、アカデミー賞の取材を続けてきた朝日新聞の藤えりか記者と考えます。
ジェンダーギャップ指数2021で日本は世界156カ国中120位。女性の「働く」をテーマにライブ配信やアンケート、Zoomランチ会を実施して見えてきた、変わるべき社会のポイントは?
東大・京大生の就活人気ランキングで、上位に名を連ねるのがコンサルだ。背景には、自身の「市場価値」を高めなければならない労働環境がある。
「女性」がニュースになることの抵抗感や、新時代の企業と働き手の関係について、南場さんとDeNAを卒業後に起業した岩崎由夏さんに聞きます。
世界では10人に1人の子どもが児童労働に従事している。チョコレート、砂糖、Tシャツ、コーヒー、たばこ…。身の回りにある商品が、児童労働によって支えられている可能性を想像したことがあるだろうか。
コンビ名を「チョコサス」に変えると冗談まじりに語った長田さん。社会課題を前に「難しい!」と14回も連発しながらも、向き合った。