ハフライブ

「教育が変わらないと…」と言ったり聞いたりすることはありませんか?でも、もしかしたら変わるべきなのは「教育」ではなく、「大人」なのかもしれません。
4月22日は、一人ひとりが地球環境について考えるアースデー。映画を通して気候危機について考えませんか?
「今こそ、この国の女性たちに賃金の平等、権利の平等を完全に実現すべき時だ」ーー。映画界の女性差別に力強く、粘り強く声を上げてきた映画スターたち。歴史は動くでしょうか。【心揺さぶるアカデミー賞スピーチ・後編】
同じ映画を作り上げた仲間と一緒に着席することも許されなかったハティ・マクダニエル。ハリウッドは、黒人差別とどう向き合ってきたのでしょうか。【心揺さぶるアカデミー賞スピーチ・前編】
『淵に立つ』『よこがお』の深田晃司監督、アカデミー賞の取材を続けてきた朝日新聞の藤えりか記者と考えます。
ジェンダーギャップ指数2021で日本は世界156カ国中120位。女性の「働く」をテーマにライブ配信やアンケート、Zoomランチ会を実施して見えてきた、変わるべき社会のポイントは?
東大・京大生の就活人気ランキングで、上位に名を連ねるのがコンサルだ。背景には、自身の「市場価値」を高めなければならない労働環境がある。
「女性」がニュースになることの抵抗感や、新時代の企業と働き手の関係について、南場さんとDeNAを卒業後に起業した岩崎由夏さんに聞きます。
世界では10人に1人の子どもが児童労働に従事している。チョコレート、砂糖、Tシャツ、コーヒー、たばこ…。身の回りにある商品が、児童労働によって支えられている可能性を想像したことがあるだろうか。
コンビ名を「チョコサス」に変えると冗談まじりに語った長田さん。社会課題を前に「難しい!」と14回も連発しながらも、向き合った。
YouTuberエミリンさん、食べチョク代表の秋元さん、マイナビ副編集長の大塚さんとともに、「就活相談ライブ」で、就活生のリアルな悩みを聞きました。
PRESENTED BY マイナビ2022
大量生産・大量消費が問題視されるファッション業界で、「新しく作って、売る」以外の価値創造に挑むブランドを紹介します。
メインパーソナリティを務めるのは、日本テレビ系「news zero」にも出演中のクリエイティブディレクター・辻愛沙子さんとハフポスト日本版の南麻理江です。
“「ズコーン」と頭を打たれた気分になった私。そうだよね、100円の板チョコの「しわ寄せ」が世界の誰かの不幸に繋がっているのかもしれないんだもんなあ…”
モデルのトラウデン直美さんは、昨今の環境問題をめぐる空気感について「意識高いと思われがち。もっと普通の会話として話せる空気感を作りたい」と語った。
バレンタインデーを彩るチョコレート。その裏側にある甘くない真実を知っていますか? チョコプラの長田さんと一緒に楽しく、真剣に考えます。
「誰ひとり取り残さない」世界を目指すSDGs。今、取り組まなくてはならないけれど、抽象的でわかりにくい面も。そこで毎月、季節の話題で「自分ごと化」できるライブ番組をつくります。
悩める就活生集合!夢に向かって突き進んできたYouTuberのエミリンさん、就活時はやりたい仕事がなかったという食べチョク代表の秋元さん、そしてマイナビ副編集長の大塚さんとともに、就活生の悩みを話し合います。
PRESENTED BY マイナビ2022
日本メディアで初めて、BBCの「50:50」のパートナーになりました。ハフライブは1年を通じて、毎月「SDGs」をテーマに番組を作ります。その中で、「SDGs 目標5」のジェンダー平等を番組制作で考えます。
アパレル各社も、サステナビリティに関する取り組みを経営戦略として強化している。そして、それを可能にしているのはテクノロジーの力だ。