TOKYO 2020

好評連載 第23回 LiLiCoの「もっとホンネで話そう。私たちのこと」
オリンピックによる国内感染への間接的な影響について「7月後半からの感染拡大に全く貢献していないとは言いにくい」という専門家の見解を示した。
自らも病を経験して、銀メダルに輝いたポーランドのマリア・アンドレイチク選手。生後8カ月の赤ちゃんを救うために、メダルを出品していました
「アフガニスタンの女性がパラリンピックに初めて出場することになり、とても嬉しいです」と喜びを語っていました
獲得した金メダルを紛失した見延選手。届け出た人は見つかっておらず、テレビ番組で訴えかけました。
「ここまで(反響が)大きくなってこんなにも多くの方に賞賛されて、正直まだずっと驚きっぱなしです」
男子シンクロ高飛び込みのイギリス代表、トーマス・デーリー選手がInstagramでシェアした動画。「泣いた」「あなたは本当に素晴らしいよトム」の声が上がっている。
オリンピックで予想外のハプニングに見舞われた時、助けてくれた1人のスタッフがいました
名古屋市の河村たかし市長がオリンピック選手の金メダルをかんだ問題で、このメダルが新しいものに交換される見通しとなりました。
入江聖奈選手の金メダルをめぐって張本氏が「サンデーモーニング」の中で発言した内容の訂正をTBSに求めています。
様々な批判に、バービーを作るマテル社は「不十分だった」と回答しています。
「私をサポートしてくれてありがとう」と感謝を述べた上で、「ある事」を“謝罪”。いったい、なぜ...?
東京オリンピック新競技のスケートボード。選手たちの姿勢が、スポーツマンシップとは何かを教えてくれる。
一度画面が切り替わった後、続いてバッハ会長のスピーチが始まったが、「虫の姿」はなくなっていた。