知られざる世界

どこか不気味なヌードの群衆は、あるメッセージを死海から伝えています
東急田園都市線で活躍した8500系の車両4両を一般販売。「これを買ったら、座って電車通勤ができる?」「意外とお手頃価格ですね」と話題に。
屋根には大きな穴が…。「空に明るい火の玉」を見たとの証言があり、隕石だと判明した。
この服を着れば、あなたも第5部の主人公ジョルノ・ジョバァーナになれる?
名古屋市科学館学芸員の毛利勝廣さんは「関係者向け」を想定したツイートだったので「これだけの反響をいただけたのは、いい意味で驚き」と振り返っています。
国土交通省荒川下流河川事務所が投稿。「魚の動きがすごい」「思ったよりも魚がいる」と驚く声があがった。
ダチョウの次に大きな鳥で、飛べないけど時速50kmで走ることが可能。畜産商品として注目も
コンピューターの世界に革命を起こしたジョブズ氏の美的感覚は、日本の浮世絵を通して培われたのかもしれない。
アメリカの企業ボストン・ダイナミクス製作のロボット「スポット」が話題に。音楽にあわせてステップを踏んだり、足を屈伸しながら回転したり、その動きはとても軽やかです。
確かにサーモンの握りに見える。いや、見えすぎる...。
その量、なんとバケツ7杯分。一体何のために…?
何時間も捜索をした後に、自分の名前を呼ぶ声が聞こえて「私ならここにいます」
動画には13万以上のいいねがついており「動きが可愛い」と反響が広がっている。
人類のアメリカ到達を知る鍵となる研究結果が発表されました。2万1000年前の人類は、マンモスや巨大ナマケモノなどと共存していたようです。
9月23日放送の『平野レミの早わざレシピ』での一幕。「めちゃめちゃ笑ったけど、めちゃめちゃ美味しそう」と話題になっています
『聖闘士星矢』や『牙狼(GARO)』がモチーフではないかという説も出ていました。
海底や川底などに沈んだ遺跡や沈没船などといった水中文化遺産を扱う「水中考古学」。日本ではまだ数少ない水中考古学者が海の底で出会った「ゼロ戦」が教えてくれたこととは。
「体に対して頭が非常に長いので、この生き物は実際のところ、泳ぐ頭にすぎない」って、一体どんな生き物?
ネズミの増加で苦しむニューヨークの人々にとっては「ヒーロー」?