これからの経済

矢野康治事務次官は「10万円の定額給付金のような形でお金をばらまいても、日本経済全体としては死蔵されるだけだ」と主張しました。
10月19日から全国の店舗で順次展開されるという。
リユースを通じてサステナブルな社会の実現を本気で目指すメルカリ。その施策は、人と社会、企業をつないで好転させる深い戦略だった。
PRESENTED BY 株式会社メルカリ
格安航空会社のピーチ・アビエーションが10月13日から、話題の自販機「旅くじ」を東京でも設置する予定です。
グーグルが気候変動を否定するコンテンツについて踏み込んだ対応を取ります。
日本最大級のオンライン展示会「ITトレンドEXPO2021」が11月9日から4日間開催。ビジネスパーソンが知っておきたいIT情報と異業種の識者が集合します。
PRESENTED BY Innovation&Co.
広告は時代を映す鏡と言われます。栄養ドリンク「リゲイン」は時代をどう捉えてきたのでしょうか?
24.5トンの使用済みプラスチックから東京2020オリンピック・パラリンピックの表彰台をつくりあげる。性別や障がいに関係なく、誰もが楽しめるスポーツを共に考える――。世界最高峰のマーケティングカンパニーとも呼ばれるP&Gが、東京2020大会を通じて目指したこと。
PRESENTED BY P&G
岸田内閣の発足を受け、日本自動車工業会の豊田章男会長がコメント。何を語ったのでしょうか?
「サステナビリティ(持続可能性)」をビジネスの中心戦略に据えるグローバル企業アディダス。アディダスが考えるスポーツブランドの未来とは何か。アディダスジャパンのトーマス・サイラー副社長に聞いた。
NECが主催するオンラインイベント「NEC Visionary Week 2021」が2021年9月13日から9月17日に開催された。セッションの中で語られた航空業界の未来とは?
PRESENTED BY NEC
国内で約18万人の従業員を抱えるNTTグループ。コロナ後の社会を見据えた働き方を推進するのが狙いです。
「人権侵害の温床」と言われる外国人技能実習制度。企業がとるべき方策を、勉強会で考えました。
9月21日に配信が始まった iOS 15では、機種変更時のデータ転送に限り、一時的に必要なだけのiCloudストレージが最大3週間、無料で提供されます。
食品宅配サービスを手がけるオイシックスが「#捨てないを始める」というプロジェクトを進めています。
9月22日付の朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞に見開きの意見広告が掲載された。
「環境や社会に配慮したファッションを取り入れたいと思いますか」との問いに、15歳~19歳の74.4%が「そう思う」と回答。名古屋市の繊維専門商社「豊島」が15歳~49歳の1000人を対象に実施した、ファッションへの環境意識調査からわかった。
世界最大級のコンテンツ・リコメンデーション企業タブーラは、今年6月に上場し、7月にはeコマースマーケティング企業Connexityを買収。eコマース市場を切り拓くチャレンジがこれから始まる。
PRESENTED BY タブーラ