これからの経済

欧州で進む「人権デューデリジェンス」の法制化。自民党は前向きですが、経団連は慎重です。
企業はサプライチェーンの全工程において、人権侵害のリスクをチェックする必要があります。
新疆綿の使用の有無など、新疆ウイグル自治区に関する問題は多くの企業に課題を突きつけている。ナイキやアディダスなど大手スポーツブランドも同様に攻撃を受けた。
マーベル・スタジオ制作のドラマ『ロキ』に出演するソフィア・ディ・マルティノー。「こういう小さな(本当は大きな)ことが、私が仕事をしながら、親でもいられることを可能にしている」
BMWが野心的な温暖化対策を打ち出した。今後10年で1000万台のEVを販売する計画だ。
「2050年脱炭素」に欠かせない太陽光パネルの生産過程で、ウイグル族など少数民族への人権侵害が指摘されている。アメリカは一部輸入禁止措置。国内に拠点を置く日本と中国のメーカー計7社に調達先を聞いた。
SNS上では「メルカリにかなわなかった感じか」と諦めの声も
「ビジネスと人権」が重視される時代、低評価だった日本企業は、どんな改善策を打ち出したのでしょうか。
当時大学2年生だった髙橋大輝さんが、なぜみずほFG株主総会に出席し、気候危機対策に関する疑問を経営陣にぶつけるに至ったのか。当時の思いとその後について聞いた。
医療的ケア児支援法。国や地方自治体が、人工呼吸器やたんの吸引などのケアが日常的に必要な「医療的ケア児」を支援する責務を負うことを定めた初めての法律だ。
筐体はライカのカメラ製品と同じ表面処理が施されています。
「働きがい」とは何か。意外と言葉で説明するのは難しいかもしれない。コンカーの三村真宗社長は「働きがい」には3つのポイントがあるという。
会社などの単位で進められる職域接種。しかし、個人で働くフリーランスや小規模の事業者はその対象外だった。1000人以上希望者がいる地域でフリーランス協会が代表して申請する。
経営危機を乗り越えてきたJINS。起死回生の鍵は「ビジョン」の設立にあった。メガネの枠組みを超え、人の心と体を測定できるデバイスなどを研究開発する理由とは。
PRESENTED BY JINS
ここ数年の急激な変化の中、採用に成功している会社に共通するのは、「採用の解像度」が高いことだ。
PRESENTED BY Thinkings株式会社
投票所の位置や混み具合を「空いています」「やや混雑」「混雑」の3段階で確認できるようになる。