知られざる世界

幼少期の夢を息子がかなえた。父親で写真家の森久拓也さん「感動しています」
撮影した藤井大地さん「これまでも何度も狙っていて、今回は久しぶりに視野の中に収まりました」
埼玉県こども動物自然公園が投稿した写真が「スゴい!アリクイを抱かせたらこんなにフィットするんですね」と話題になっています。
青谷上寺地遺跡から発掘された約1800年前の頭骨を元にリアルな胸像を復元。SNS上では「あの人に似てる」と話題に。
「ぬいぐるみの感情的な心地よさを、衣服と組み合わせることで研究した」とコンセプトを綴っている。
どうか心の準備を。「舌食い寄生虫」なるものは実在します。
新型コロナの外出制限で、自宅で風船で遊んでいたアメリカの兄弟。その動画がTikTokでバズってまさかのワールドカップに発展。
まるでダチョウ倶楽部の鉄板ネタのよう。一番人気のボタンは?子どもたちに人気の秘密を担当者に聞いた。
周りに溶け込んで身を隠すのが得意な動物だそうです。わかります?
どこか不気味なヌードの群衆は、あるメッセージを死海から伝えています
東急田園都市線で活躍した8500系の車両4両を一般販売。「これを買ったら、座って電車通勤ができる?」「意外とお手頃価格ですね」と話題に。
屋根には大きな穴が…。「空に明るい火の玉」を見たとの証言があり、隕石だと判明した。
この服を着れば、あなたも第5部の主人公ジョルノ・ジョバァーナになれる?
名古屋市科学館学芸員の毛利勝廣さんは「関係者向け」を想定したツイートだったので「これだけの反響をいただけたのは、いい意味で驚き」と振り返っています。
国土交通省荒川下流河川事務所が投稿。「魚の動きがすごい」「思ったよりも魚がいる」と驚く声があがった。
ダチョウの次に大きな鳥で、飛べないけど時速50kmで走ることが可能。畜産商品として注目も
コンピューターの世界に革命を起こしたジョブズ氏の美的感覚は、日本の浮世絵を通して培われたのかもしれない。
アメリカの企業ボストン・ダイナミクス製作のロボット「スポット」が話題に。音楽にあわせてステップを踏んだり、足を屈伸しながら回転したり、その動きはとても軽やかです。
確かにサーモンの握りに見える。いや、見えすぎる...。