特集

イタリアの接種会場での出来事。その腕は「冷たくてゴムのようだった」という。
ホラン千秋さんと世界の現場で活躍するJICAメンバーが出演したライブ番組。ソロモン諸島の事例から、栄養問題への解決策を学びました。
PRESENTED BY JICA
世界カーリング連盟が声明。「スポンサー契約をめぐる多くの放送局のポリシーの複雑な事情で、テレビ中継は現在制限されています」
徳川家光の異母弟、保科正之が江戸の民衆を思いやった発言が史料に残されています。
子どもたちは「塗れない」のか、「塗りたくない」のか? 発達凸凹(発達障害)を抱える親子が見つけた「抜け道」とは──。定説どおりにいかない育児の難しさと、偏りとともに生きるヒントを絵日記として発信し、共感を呼んだモンズースーさんに話を聞いた。
ブロックは母親として子どもたちから多くのことを学ぶ一方で、常に不安を感じているという
海賊版を購入した高校生は無期懲役。担任教師らは解雇され、炭鉱か農村部に追放される見込みだという。
父親で写真家の森久拓也さんによると、Twitterの反響の大きさで忙しくなり、「やっと編集する時間が取れたので投稿した」ということでした。
シンプルなデザインや色の心地よさで、気に入って使っている「mahoraノート」。実は「発達障害の当事者が使いやすいようにデザインされた」背景がありました。
「新島発見」の報告を受けて明治41年(1908年)に閣議決定。無数のアホウドリやリン鉱石に覆われた「宝の島」のはずだった。
生後4カ月の子猫、可愛さにハートを掴まれる人が続出し、Instagramのフォロワーは9万5000人を超えています
ADHDの特性があるイラストレーターのぴーちゃんが、発達障害について4枚のイラストでわかりやすく紹介。今回のテーマは「ADHDの私が実践している『ミスしたときのメンタル回復方法』」です。
かわい...いや怖い。釧路市動物園のメスのホッキョクグマ「ミルク」。思わず二度見してしまう、クセの強すぎるポーズをご覧ください 🐻
軽度知的障害と自閉症のある女性の恋愛模様を描く『初恋、ざらり』。差別意識や劣等感など人間の複雑な感情を丁寧にすくい上げる本作が、障害のある人、ない人の垣根を超えて、幅広い層から共感を集める理由とは?
発達障害で手先が不器用な息子も「一番ラク」との太鼓判。きっかけは「結ばない靴ひもがほしい」という声でした。「結ばなくていい靴ひも COOLKNOT(クールノット)」の開発者に聞きました。
ADHDの特性があるイラストレーターのぴーちゃんが、発達障害について4枚のイラストでわかりやすく紹介。今回のテーマは「学習障害(LD)という障害を知っていますか?」。
「行ってみたい」「開けたらすごいものが出てきそう」。霞ヶ浦の「北浦」に浮かぶ建物の写真がSNSで話題に。
学習障害(LD)のある息子の高校入試での苦労をきっかけに一般社団法人「読み書き配慮」を立ち上げた菊田史子さん。これまで直面してきた壁、学習障害に必要な配慮について、話を聞きました。
もともとは介護や医療などの現場向けに作られたという、身に着けるメモ「wemo バンドタイプ」。しかし、実際にリリースしてみると、ADHDなどの発達障害のある当事者の方からも大きな反響が━━。