真ん中の私たち

東京から岩手に移住したは42歳。働き盛りの年齢だった。
PRESENTED BY AQUA SOCIAL FES!!
ミス・ユニバース日本代表に選ばれた宮本エリアナさん(20)は、長崎県佐世保市の出身で、日本人の母親とアフリカ系アメリカ人の父親を持つ。ハーフとして初めて日本代表に選ばれた彼女は「日本と世界から人種への偏見をなくしたい」と訴えている。
毎年、世界大会に向けて選出されるミス・ユニバース日本代表が話題になるが、その内容が例年とは少し違うようである。
この4月からDeNAシンガポールへ移籍した下村拓哉さんは現在30歳。以前に海外経験もあったというが、なぜ国外で働く選択をしたのだろうか?
PRESENTED BY エン・ジャパン
なぜ残念ながら統一地方選は「投票に行かなきゃ」と思えるものでないのでしょうか。
徳島県にクラウド名刺管理の《Sansan》が構えるサテライトオフィスで働く團洋一さん。田舎で働くとのんびり出来ると思ったけれども…意外な生活が待っていたという。
PRESENTED BY エン・ジャパン
つくば市で農家に案内され、納豆や卵焼き­などの朝食や庭などを紹介された3人。イチゴの美味しさと干し芋の­甘さに驚かされた後、今回は自家製のそば打ちを体験します。
2015年のミス・ユニバース日本代表に選ばれたのは、日本人の母とアフリカ系アメリカ人の父を持つ宮本エリアナさん。受賞の喜びでいっぱいのはずの彼女だが、一方で心ないコメントと闘っている。
2011年3月11日。津波の被害を受け、1300人を超える死者・行方不明者を出した宮城県気仙沼市。未だ市街中心部に更地が残るこの街では、職場や家屋を失った人たちが街を離れている。そんな中、復興に向けて取り組む、フィリピン人女性たちのコミュニティがあるという
外国人に対しての挨拶はどうしたら良いか? 答えは一つ。日本人に対してと同じ挨拶で接しましょう。
海外に進出する起業が増えるにつれ、外国人を受け入れ、多国籍のメンバーでチームを作ることが必須になってきます。そのとき、組織ではどのような課題が生じ、外国人とチームワークを築くにはどうすればよいのか?
完全な定住を求めなくても、3分の1とか5%でもぼくはいいと思っていて。そういう関わり方が、今後おもしろくなっていくんじゃないかなと思っています。
JTが飲料事業から撤退すると発表したことを受け、「桃の天然水はいつまで買えるのか」という声があがっている。
京都・三条橋、春日神社、富士山……江戸から明治へと時代が変わった19世紀末の日本の姿。モノクロ写真に絵師が色を付けたものを、外国人はおみやげとして買い求めた。
東京圏から地方に移り住むというと、大都会の生活を嫌って大自然の中で生活したいという人の話が取り上げられることがあるが、全体の人口移動からすればそうした人はわずかだろう。
今は英語がほぼ国際標準語と考えてもいいと思いますが、「西洋人」だと見ると、英語で話しかけるという日本人の習慣はちょっと恥ずかしいのではと、思いました。